コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗砌 そうぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗砌
そうぜい

[生]?
[没]康正1(1455).1.16. 但馬
室町時代の連歌作者。俗名,高山民部少輔源時重。山名宗全の家臣。連歌は梵灯庵主に,和歌は正徹 (しょうてつ) に学び,永享 (1429~41) 以後の連歌復興に指導的役割を果した。文安5 (48) 年北野連歌会所奉行。宗祇の『竹林抄』にいう七賢の一人で,『新撰菟玖波 (つくば) 集』には最も句数の多い心敬に次いで多数入集。句風は力強く,技巧に富む。発句よりも付句に長じていた。連歌論書に『初心求詠集』 (33以前) ,『古今連談集』 (44~48?) ,『花能万賀喜 (はなのまがき) 』 (52) ,『密伝抄』,句集に『宗砌句集』 (54) ,『宗砌句』『宗砌発句並付句』などがある。享徳1 (52) 年,一条兼良 (かねら) に協力して,「新式今案」を制定。同3年,山名宗全の失脚に際し,ともに但馬に下り,翌年没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

宗砌【そうぜい】

室町中期の連歌師。俗名高山民部少輔時重。但馬(たじま)の人。山名氏に仕えた武士の出。和歌を正徹に,連歌を梵灯に学ぶ。1448年北野連歌会所奉行・宗匠となり当時随一の指導者となった。
→関連項目新撰菟玖波集竹林抄連歌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうぜい【宗砌】

?‐1455(康正1)
室町中期の連歌師。山名時熙(ときひろ)・持豊(宗全)の家臣。俗名は高山民部少輔時重。連歌を梵灯庵主に学ぶ。1433年(永享5)《北野社万句》に参加,48年(文安5)北野連歌会所宗匠となり,連歌界を指導。山名持豊に従い但馬に下向し,翌年同国で没した。享年70歳前後。《新撰菟玖波集(つくばしゆう)》中,心敬についで第2位の入集句数をもつ。宗祇(そうぎ)を教え,後年の連歌黄金時代に影響を与えた。連歌論書に《密伝抄》(1455)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうぜい【宗砌】

?~1455) 室町中期の連歌師。俗名、高山時重。北野連歌会所奉行。連歌を梵灯庵ぼんとうあんに、和歌を正徹に学ぶ。連歌七賢の一人。著「初心求詠集」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗砌
そうぜい
(?―1455)

室町中期の連歌師。山名家の家臣で、俗名高山民部少輔(みんぶしょうゆう)時重。連歌を梵灯(ぼんとう)に学び、和歌は正徹(しょうてつ)の門に入る。出家遁世(とんせい)して高野山居の身となり、梵灯死去の翌年、師説をもとに『初心求詠集』を著す。1433年(永享5)北野社万句に出座、以後しだいに京都の連歌界の第一人者となり、48年(文安5)北野会所奉行(ぶぎょう)となる。54年(享徳3)山名宗全の退居に伴い但馬(たじま)に下り、翌年1月16日没。70余歳か。『古今連談集』『花能万賀喜(はなのまがき)』などの連歌論書、『宗砌句』などの句集、多くの一座連歌作品があり、一条兼良(かねら)の『新式今案(しんしきこんあん)』に協力しての式目改定の功も大きい。[島津忠夫]
『金子金治郎著『新撰菟玖波集の研究』(1969・風間書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宗砌の言及

【宗匠】より

…連歌では,二条良基が善阿を称して〈近代地下(じげ)の宗匠〉といっているのは,第一人者の意と思われる。1448年(文安5)幕府の命により京都北野社の連歌会所の奉行職に高山宗砌(そうぜい)がつき,そのあと,能阿,宗伊,宗祇(そうぎ),兼載らが任ぜられたが,この人々は宗匠と称された。里村昌叱(しようしつ)は豊臣秀吉から,昌琢(しようたく)は徳川秀忠から朱印状を下付され,花の本(はなのもと)宗匠家として認められて,以後,里村家は幕府の連歌師を勤めた。…

※「宗砌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宗砌の関連キーワード日下部朝定日下部忠説真下満広吾妻問答梵燈庵主連歌新式飯尾宗祗蜷川智蘊高山宗砌池坊専順梵灯庵救済行助日晟専順式目西順智蘊

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android