コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梵讃 ぼんさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梵讃
ぼんさん

声明のなかののうち,歌詞がサンスクリット語であるものの総称。漢讃和讃に対する。四智梵語 (しちのぼんご) ,心略語 (しんりゃくのぼんご) ,東方讃 (とうぼうのさん) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼん‐さん【××讃】

菩薩の徳をたたえるのうち、漢字で音写された梵語によるもの。梵語讃。→漢讃和讃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の梵讃の言及

【声明】より

…中国においては悉曇(しつたん)やその音韻・字義に関する学問という意味も加わり,日本へも当初は以上のような学問として声明が請来された。一方,仏教声楽を示す語として〈梵唄(ぼんばい)〉〈梵讃(ぼんさん)〉などの語が用いられていたが,中世初頭ごろから声明の語が仏教声楽を意味するようになった。しかし現在中国や韓国,日本の禅宗などでは梵唄と称し,チベット仏教でも梵唄は歌の意味を含む語として用いられている。…

【和讃】より

…仏教歌謡の一種で,仏・菩薩の教えやその功徳,あるいは高僧の行績をほめたたえる讃歌。梵語による梵讃,漢語による漢讃に対して,日本語で詠われるためこの名がある。その嚆矢(こうし)としては,平安中期に現れた《註本覚讃》があげられる。…

※「梵讃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梵讃の関連キーワード漢讃・漢讚賛・讃・讚和讃・和讚仏教音楽日本音楽御詠歌馬鳴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android