コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢讃 かんさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢讃
かんさん

仏教音楽の声明 (しょうみょう) の曲種。歌詞は仏や諸尊を賛美する内容で,漢語七言 (または五言) 四句,あるいはその連鎖で成る詩形をもち,歌詞1字に長い旋律がつけられている。梵語訳のを「梵讃」と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐さん【漢×讃】

菩薩の徳をたたえるのうち、漢文で書かれたもの。多くは梵讃の漢訳であることが多い。また、中国・朝鮮・日本などで漢文でつづった仏教の讃歌。→梵讃(ぼんさん)和讃(わさん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漢讃の言及

【和讃】より

…仏教歌謡の一種で,仏・菩薩の教えやその功徳,あるいは高僧の行績をほめたたえる讃歌。梵語による梵讃,漢語による漢讃に対して,日本語で詠われるためこの名がある。その嚆矢(こうし)としては,平安中期に現れた《註本覚讃》があげられる。…

※「漢讃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

漢讃の関連キーワード梵讃・梵讚和讃・和讚日本音楽仏教音楽踊念仏御詠歌和讃