コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶原朝景 かじわら ともかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶原朝景 かじわら-ともかげ

?-1213 鎌倉時代の武将。
正治(しょうじ)2年(1200)幕府に謀反をくわだてた兄の梶原景時にしたがうが,景時が駿河(するが)(静岡県)狐崎の合戦で戦死すると,北条氏に降伏。建暦(けんりゃく)3年和田義盛の反乱にくわわり,ふたたび幕府,北条氏に抗したが,同年5月3日敗死した。駿河出身。通称は刑部丞。名は友景ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の梶原朝景の言及

【土佐国】より

…その後,希義に通じて一時土佐を逃れていた夜須(やす)行宗(行家)の先導する伊豆有綱軍の土佐入国があって,土佐の武士で源氏に荷担するものもようやく多く,壇ノ浦の戦には夜須行宗のほか安芸時家・実家兄弟などの軍功が伝えられている。平家滅亡後の85年(文治1)梶原朝景が軍勢を率いて土佐に入部,戦後処理に当たっており,これは土佐の守護の先蹤といえる。以後,正式の土佐守護には佐々木経高,豊島朝経,三浦義村など有力御家人が補任されているが,その後70年余りの守護は不明。…

※「梶原朝景」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梶原朝景の関連キーワード鎌倉時代土佐国

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android