コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶川昇 かじかわ のぼる

1件 の用語解説(梶川昇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶川昇 かじかわ-のぼる

1830-1890 幕末-明治時代の囲碁棋士。
文政13年3月医師の家に生まれる。西洋医学をまなぶかたわら,本因坊秀和に入門し,5段にすすむ。明治12年村瀬秀甫創立の方円社にくわわり,関東・関西で活躍した。明治23年2月13日死去。61歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は橘。号は荻水。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梶川昇の関連キーワードドイツ映画民衆を導く自由の女神造船業シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone