梶本隆夫(読み)カジモトタカオ

デジタル大辞泉の解説

かじもと‐たかお〔かぢもとたかを〕【梶本隆夫】

[1935~2006]プロ野球選手・監督。山梨の生まれ。昭和29年(1954)阪急(オリックス前身)に入団、米田哲也とともに中心的投手として活躍。昭和32年(1957)には対南海(福岡ソフトバンクの前身)戦で9連続奪三振を記録した。引退後は阪急の監督を務めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶本隆夫 かじもと-たかお

1935-2006 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
昭和10年4月8日生まれ。昭和29年阪急に入団し,左腕からの快速球で20勝。32年南海戦で当時日本記録の9連続三振をうばう。米田哲也とともにながく阪急の投手陣をささえた。実働20年,通算254勝255敗,防御率2.98。54年から2年間阪急監督。平成18年9月23日死去。71歳。19年野球殿堂入り。岐阜県出身。多治見工卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梶本隆夫の関連情報