コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶本隆夫 カジモトタカオ

2件 の用語解説(梶本隆夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かじもと‐たかお〔かぢもとたかを〕【梶本隆夫】

[1935~2006]プロ野球選手・監督。山梨の生まれ。昭和29年(1954)阪急(オリックスの前身)に入団、米田哲也とともに中心的投手として活躍。昭和32年(1957)には対南海(福岡ソフトバンクの前身)戦で9連続奪三振を記録した。引退後は阪急の監督を務めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶本隆夫 かじもと-たかお

1935-2006 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
昭和10年4月8日生まれ。昭和29年阪急に入団し,左腕からの快速球で20勝。32年南海戦で当時日本記録の9連続三振をうばう。米田哲也とともにながく阪急の投手陣をささえた。実働20年,通算254勝255敗,防御率2.98。54年から2年間阪急監督。平成18年9月23日死去。71歳。19年野球殿堂入り。岐阜県出身。多治見工卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

梶本隆夫の関連キーワード大下弘大杉勝男豊田泰光張本勲皆川睦雄プロ野球熱スタ2006池永正明越智正典木塚忠助並木輝男

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梶本隆夫の関連情報