米田哲也(読み)ヨネダテツヤ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米田哲也 よねだ-てつや

1938- 昭和時代後期のプロ野球選手。
昭和13年3月3日生まれ。昭和31年阪急に入団。投手。2年目に21勝,以後18年連続2けた勝利。無類のタフさからガソリンタンクとよばれた。50年阪神にうつり,52年近鉄で引退するまで23年間投げつづけ,歴代1位の949登板,2位の350勝(285敗),防御率2.91,3388奪三振。平成12年野球殿堂入り。鳥取県出身。境高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米田哲也
よねだてつや
(1938― )

プロ野球選手(投手:右投右打)。3月3日、鳥取県生まれ。境(さかい)高から阪急ブレーブス(現、オリックス・バファローズ)入りし、1年目の1956年(昭和31)から51試合に登板、9勝をあげた。翌1957年には21勝し、以降、19年連続2桁(けた)勝利をあげたが、これは歴代1位の記録(2015年時点)である。1962年に奪三振王となったのが初のタイトルで、1966年には25勝で最多勝利、18年目の1973年には最優秀防御率も手にした。弱小チームであった阪急を支え続け、のちに西本幸雄監督時代には、1967年から6年間で5回のリーグ優勝という黄金時代の一翼を担った。しかしいずれの年も日本シリーズでは読売ジャイアンツ(巨人)に敗れた。阪急が初の日本一となった1975年のシーズン途中で阪神タイガースへ移籍、1977年の近鉄バファローズ(のちの大阪近鉄バファローズ)を最後に、現役を引退した。並はずれたスタミナの持ち主で「ガソリンタンク」の異名をとり、プロ野球記録の通算949試合登板を果たし、歴代2位の通算350勝をあげた。[出村義和]
 22年間の通算成績は、登板試合949、投球回5130、350勝285敗、防御率2.91、奪三振3388、完投262、完封64。獲得したおもなタイトルは、最多勝利1回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回、最優秀選手(MVP)1回。2000年(平成12)野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米田哲也の関連情報