コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶清次衛門 かじ せいじえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶清次衛門 かじ-せいじえもん

1821-1865 幕末の武士。
文政4年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。文久3年一橋慶喜(よしのぶ)にしたがって京都にいき,諸藩の尊攘(そんじょう)派とまじわる。元治(げんじ)元年藩内の抗争に際し,宍戸(ししど)藩主松平頼徳(よりのり)にしたがい那珂湊(なかみなと)でたたかうが,自首して古河(こが)藩にあずけられ,元治2年4月5日処刑された。45歳。本姓は住谷。名は信基。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

梶清次衛門の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニブース(一家)ホジソンドップラーフォーレアメリカ合衆国史(年表)ギリシア解放戦争バン=ファルケンブルグ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android