コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森下幾馬 もりした いくま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森下幾馬 もりした-いくま

1834-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年生まれ。森下儀之助の弟。土佐高知藩士。文久2年五十人組の一員となり,江戸で山内豊信(とよしげ)を護衛。3年徒士(かち)役として藩主山内豊範(とよのり)にしたがい京都におもむく。同年8月兄とともに天誅(てんちゅう)組の挙兵に参加,9月28日鷲家(わしか)口で戦死。30歳。名は茂晴,茂時。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森下幾馬の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝明海中島名左衛門イーストレーキカックランキダーコープランドレースラー葛飾北斎

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android