森下木二(読み)もりした もくじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森下木二 もりした-もくじ

1823-1889 幕末-明治時代の陶工。
文政6年1月11日生まれ。尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)の人。初代松下三光の門人。濃厚釉の作品がおおく,常滑で施釉の陶器をつくりだした陶工のひとり。楽吉左衛門に赤楽焼もまなんだ。明治22年3月13日死去。67歳。通称は杢二郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android