コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森下 もりした

2件 の用語解説(森下の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森下
もりした

美濃(みの)国(岐阜県)で漉(す)かれた和紙の一種。この名が初めて文献に現れるのは、京都北野神社の『当宮御社参記(とうぐうおんしゃさんき)』の1457年(長禄1)2月25日の日記で、それ以降の日記類にもしばしばみられる。岐阜県武儀(むぎ)郡中洞(なかほら)村西山口荘の四組(森下、杉下、西洞、中野)(現山県(やまがた)市)のなかの森下の原産であるため、この名がある。コウゾ(楮)を原料とする厚手の紙で、古くから傘紙に用いられ、1603年(慶長8)刊の『日葡(にっぽ)辞書』にも採録されている。のちには傘紙のことを森下と俗称するようにもなり、たとえば山県郡青波(あおなみ)村(現山県市)で漉かれる紙は青波森下とよばれた。この技術は隣国の三河国(愛知県)にも伝えられ、現在では豊田(とよた)市にある「足助屋敷」で漉かれている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森下の関連情報