森内俊之(読み)もりうち としゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森内俊之 もりうち-としゆき

1970- 昭和後期-平成時代の将棋棋士。
昭和45年10月10日生まれ。勝浦修門下。昭和62年4段。平成14年9段。同年丸山忠久をやぶり名人。16年羽生善治(はぶ-よしはる)にうばわれた名人位を奪還し,19年には4連覇をはたして通算5期となり永世名人の資格をえた。20年羽生に名人位を奪われたが,23年名人位に返り咲く。タイトルは名人8期,竜王2期,棋王1期,王将1期。棋風は「鉄板流」ともよばれる強靱な受けが特徴。神奈川県出身。サレジオ学院高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

もりうち‐としゆき【森内俊之】

[1970~ ]将棋棋士。神奈川の生まれ。平成13年(2001)丸山忠久に勝利して名人となる。「鉄板流」と称される受けの強い棋風で活躍し、平成19年(2007)永世名人(18世名人)の資格を獲得。タイトル獲得12期は歴代8位。→19世名人羽生善治

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森内俊之の関連情報