コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森夏水 もり なつみ

1件 の用語解説(森夏水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森夏水 もり-なつみ

1844-1898 幕末-明治時代の画家,国学者。
弘化(こうか)元年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士渡辺彦九郎の次男。森嶰谷(かいこく)の養嗣子。藩の絵師,由学館司業となる。文久2年脱藩し,京坂で尊攘(そんじょう)運動に従事。維新後は絵をおしえ,また西寒多(ささむた)神社の神職となった。明治31年6月13日死去。55歳。初名は玉彦。号は剣華。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森夏水の関連キーワード曲芸社会小説井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係豊沢団平(2代)火成角礫岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone