コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森岡昌純 もりおか まさずみ

2件 の用語解説(森岡昌純の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森岡昌純 もりおか-まさずみ

1834*-1898 明治時代の官僚,実業家。
天保(てんぽう)4年12月1日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。文久2年の寺田屋事件では,鎮圧側の一員。維新後は長崎県大参事,兵庫県令などをへて明治18年共同運輸社長となる。郵便汽船三菱との合併をすすめ,同年日本郵船の創立で初代社長となった。貴族院議員。明治31年3月27日死去。66歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森岡昌純

没年:明治31.3.26(1898)
生年:天保4.12.1(1834.1.10)
明治期の内務官僚,海運経営者。鹿児島藩出身。鹿児島藩士時代,寺田屋騒動(1862)で攘夷派志士を倒して勇名をはせた。明治4(1871)年長崎県大参事,5年飾磨県(兵庫県)参事,7年同権令,9年兵庫県権令,11年同県令。18年4月農商務少輔に転じ,同月共同運輸会社の第2代社長に就任した。同社は政府出資の海運企業で,当時郵便汽船三菱会社と激しい競争を繰り広げていたが,森岡は政府の内諭を受けて収拾に努め,両社を合併させ,同年9月日本郵船会社の初代社長に就任した。独裁的な主導権を発揮して,社内融和の促進,経営組織の整理,財務体質の改善などに取り組む一方,航路の再編,船質改善を実施,海外航路の開拓にも着手した。27年3月,新定款の制定を機に社長を辞任し,取締役に退いた。23年勅選貴族院議員。31年男爵。<参考文献>『近代日本海運生成史料』『日本郵船株式会社百年史』『財界物故傑物伝』

(小風秀雅)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森岡昌純の関連キーワード経営者薩英戦争新官僚斎藤道歴桜井能監佐藤暢園田安賢高崎親章西俣因悦湯地幸平

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone