コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森有節 もり ゆうせつ

3件 の用語解説(森有節の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森有節 もり-ゆうせつ

1808-1882 江戸後期-明治時代の陶工。
文化5年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名の人。弟の森与平とともに,天保(てんぽう)2年(1831)朝明郡小向(おぶけ)村で万古(ばんこ)焼を再興。木型による成形法,腥臙脂(しょうえんじ)釉による淡紅彩などを創始した。作品は有節万古,朝日万古とよばれる。明治15年4月25日死去。75歳。通称は与五左衛門。別号に摘山堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森有節

没年:明治15.4(1882)
生年:文化5(1808)
江戸末期の万古焼の陶工。名は与五左衛門,号は摘山堂。初め伊勢国(三重県)桑名で松本屋という古物商を営んでいたが,古万古の創始者沼波弄山の遠縁に当たる山田彦右衛門から勧められ,古万古発祥の伊勢国朝日の小向で弟与平(千秋,号は陽楓軒)と共に天保2(1831)年万古焼を再興した。有節万古,朝日万古と呼ばれ,古万古と同様に名谷山の白土・赤土を使い,古万古を模作したが,時流に合わせて抹茶器から煎茶器に主流を変え,上絵付も硬彩から軟彩へ変わり,粉彩・十錦手の上絵釉はあでやかで,ことに金を原料とする 腥臙脂釉のピンクの発色は有節万古独特のものである。また急須,土瓶は木型を使った薄作りや蓋・摘みの造作にも新味をこらして人気を博し,作品には「万古」「日本有節」「万古有節」「千秋不易」などの印を用いた。文久2(1862)年苗字袴御免,元治1(1864)年,帯刀御免,慶応3(1867)年には国産陶器職取締役を命ぜられる。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もりゆうせつ【森有節】

1808~1882) 幕末・明治の陶工。桑名の人。万古ばんこ焼を再興した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森有節の関連キーワード新五左新五左衛門万古古万古安達新兵衛加藤唐左衛門(初代)高麗左衛門(初代)十時孫左衛門(5代)長岡住右衛門(初代)山中忠左衛門

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone