コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森繁久彌 もりしげひさや

2件 の用語解説(森繁久彌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森繁久彌
もりしげひさや

[生]1913.5.4. 大阪,枚方
[没]2009.11.10. 東京
俳優。映画や舞台,テレビジョンラジオと幅広く活躍した。早稲田大学在学中に演劇活動に参加し,1936年に同大学を中退,東京宝塚劇場に入る。1939年日本放送協会 NHKに入局,アナウンサーとして中国東北部の満州に赴く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

森繁久彌

俳優、演出家、文化勲章受章者。「森繁久弥」とも表記される。森繁事務所所属。
1913年5月4日、大阪府生まれ。3人兄弟の末っ子。父・菅沼達吉は久彌が2歳の時に死去し、3男の久彌は母方の森繁家を継ぎ、「森繁」姓となる。
早稲田大学在学中、演劇部に入り演劇活動を始める。36年、東宝劇団入団、39年、NHK入社、50年、東宝映画専属となり、「腰抜け二刀流」で本格デビューする。出演映画は代表作「夫婦善哉(めおとせんざい)」他200本以上。テレビドラマ、舞台、CMへの出演の他、歌手としての代表作である「知床旅情」では作詞・作曲の才覚も示した。舞台代表作「屋根の上のヴァイオリン弾き」は67年東京・帝国劇場での初演以来、86年まで900回にわたりテヴィエ役を主演した。芸術選奨文部大臣賞他、多数の演劇賞を受賞する。64年紺綬(こんじゅ)褒章、75年紫綬褒章、84年文化功労者、87年勲二等瑞宝章を受章。91年には伝統芸能以外の俳優としては初の文化勲章を受章。97年東京名誉都民となる。帝国劇場の単独主演回数記録では、2009年に堂本光一が更新するまで、23年にわたり森繁の「屋根の上のヴァイオリン弾き」が最多(625回)であった。
02年の大みそかに静養先の沖縄にて心筋梗塞(こうそく)で倒れ、一時危篤状態となったが回復。その後、仕事に復帰するも04年にドラマ「向田邦子の恋文」に出演したのを最後に俳優活動を休止している。ドラマ「七人の孫」の出演以来40年以上にわたって交友を深め、共著『大遺言書』(新潮社)のある作家で演出家の久世光彦が06年3月に亡くなり、その葬儀に出席して以降、公の場に姿を見せていない。09年5月4日の96歳の誕生日には、自宅で誕生パーティーを行い、元気な様子だったと伝えられている。
09年、夏風邪を引き主治医の勧めで東京都内の病院に7月23日に入院したが、11月10日、老衰のために亡くなった。享年96歳。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森繁久彌の関連キーワード秋野不矩川端龍子楠部彌弌森繁久弥諸橋止軒文化勲章勲章年金受章授章茂山千作

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森繁久彌の関連情報