コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森重正芳 もりしげ まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森重正芳 もりしげ-まさよし

1769-1838* 江戸時代後期の砲術家。
明和6年生まれ。森重靱負(ゆきえ)の弟。兄が創始した合武三島流(さんとうりゅう)砲術をまなぶ。文化9年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩主の毛利斉煕(なりひろ)にまねかれ,銃陣「神器陣」の編成と水陸操練にあたった。天保(てんぽう)8年12月6日死去。69歳。周防(すおう)(山口県)出身。通称は曾門。号は井竜。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森重正芳の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧ヘルダーナポレオン[1世]オールドタウンクレメンス13世クレメンス14世建部樸斎馬場為八郎馬場為八郎馬場佐十郎