コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植原正方 うえはら まさかた

1件 の用語解説(植原正方の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植原正方 うえはら-まさかた

1816-1868 江戸時代後期の武士。
文化13年7月1日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩士。神伝流の水術をまなぶ。尊王佐幕の立場をとり,攘夷(じょうい)派とも交流。砲術に精通し幕府の命で大砲製造にあたったため,維新後,新政府の処分をおそれた藩により幽閉される。戊辰(ぼしん)戦争での会津(あいづ)落城をきき,明治元年11月14日自殺した。53歳。本姓は広川。字(あざな)は公平。通称は六郎左衛門。号は静淵,翼竜。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植原正方の関連キーワード戊辰戦争ボップマリア[1世]高山陣屋跡ナポリ王国ヘーゲル(年譜)早竹虎吉(初代)明治東京(都)晃親王

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone