植木第三郎(読み)うえき だいざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植木第三郎 うえき-だいざぶろう

1870-1955 明治-大正時代の軍人。
明治3年6月1日生まれ。軍医として日清戦争出征。明治31年陸軍軍医学校副官心得。東京帝大の水木友次郎にX線装置の操作法をまなび,その技術を軍でおしえた。大正5年陸軍一等軍医正。昭和30年2月8日死去。84歳。丹後(京都府)出身。第三高等中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android