コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村家長 うえむら いえなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村家長 うえむら-いえなが

1754-1828 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦4年5月21日生まれ。植村家道の次男。大和(奈良県)高取藩主植村家8代である弟の家利に子がなく,天明5年9代をつぐ。文政8年老中格となる。詩をよくし,弟の佐野義行と「並鄂(へいがく)百絶」を編集した。文政11年10月12日死去。75歳。通称は熊五郎,熊之助,兵部。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

植村家長 (うえむらいえなが)

生年月日:1754年5月21日
江戸時代中期;後期の大名
1828年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

植村家長の関連キーワード村野一貞尼生年月日植村家貴服部宗賢植村家教後期

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android