コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植松是勝 うえまつ ぜしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植松是勝 うえまつ-ぜしょう

1790-1862 江戸時代後期の和算家。
寛政2年生まれ。江戸で日下誠にまなび,のち郷里の上総(かずさ)(千葉県)でおしえる。文政10年「六学指南」を出版しようとしたが資金がたりず中止。天保(てんぽう)2年日下の弟子和田寧に入門した。文久2年4月13日死去。73歳。本姓は中村。字(あざな)は子敬。通称は勝次郎,勝蔵,栄三郎。号は五瀬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植松是勝の関連キーワード大村小兵衛猪野道教板倉勝正和算家

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android