コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椎弓 ツイキュウ

大辞林 第三版の解説

ついきゅう【椎弓】

椎骨の一部で椎体の後上部から後方に出る環状の部分。椎弓を起始部として、上下に関節突起、左右に横突起、背方に棘突起が出る。また、上下の椎弓間にできる空隙からは脊髄神経が出入する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

椎弓の関連キーワードキアリーⅡ型奇形(アーノルド・キアリー奇形)変形性頸椎症(頸部変形性脊椎症)脊柱後弯症(円背/亀背)脊椎披裂(二分脊椎)頸椎後縦靱帯骨化症腰部脊柱管狭窄症ニッポノサウルス黄色靭帯骨化症頸椎症性脊髄症脊椎のしくみ脊柱管狭窄症頭蓋底陥入症脊椎カリエス脊椎分離症坐骨神経痛脊椎辷症脊椎披裂脊髄腫瘍神経痛空隙

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android