コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椎弓 ツイキュウ

デジタル大辞泉の解説

つい‐きゅう【椎弓】

椎骨の一部で、椎体両側から後方に出ている橋状の部分。この後面中央に棘(きょく)突起、左右に横突起上下に各関節突起が出る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ついきゅう【椎弓】

椎骨の一部で椎体の後上部から後方に出る環状の部分。椎弓を起始部として、上下に関節突起、左右に横突起、背方に棘突起が出る。また、上下の椎弓間にできる空隙からは脊髄神経が出入する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

椎弓の関連キーワードキアリーⅡ型奇形(アーノルド・キアリー奇形)変形性頸椎症(頸部変形性脊椎症)脊柱後弯症(円背/亀背)脊椎披裂(二分脊椎)頸椎後縦靱帯骨化症腰部脊柱管狭窄症ニッポノサウルス黄色靭帯骨化症頸椎症性脊髄症脊椎のしくみ脊柱管狭窄症頭蓋底陥入症脊椎カリエス脊椎分離症坐骨神経痛脊椎辷症脊椎披裂脊髄腫瘍神経痛空隙

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android