椎骨脳底動脈循環不全症(読み)ついこつのうていどうみゃくじゅんかんふぜんしょう(英語表記)Vertebrobasilar Insufficiency(VBI)

  • 椎骨脳底動脈循環不全症 Vertebrobasilar Insufficiency

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 左右の椎骨動脈(ついこつどうみゃく)は合流して1本の脳底動脈(のうていどうみゃく)になり、生命中枢である脳幹部(のうかんぶ)や左右の小脳半球(しょうのうはんきゅう)に血液を供給しています。
 脳の動脈硬化(どうみゃくこうか)が進んでこれらの血管系が細くなったり、つまったりしている部位があると、血圧が下がったり、熱が出て脱水状態になり、脳の血流量が減少すると、めまいがおこります。
 症状は一過性ですがくり返します。めまいだけでなく、舌のもつれや視野が狭くなったり、両足の力が抜けたりするときは、脳梗塞(のうこうそく)のまえぶれであるため(一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ))、すぐに医師に診察を受ける必要があります。
 めまいやふらつきだけで、ほかに症状がなければ、ほとんどの場合は良性のものです。頭痛をともなうときは、検査の必要があります。めまいやふらつきは、耳の病気、頸椎症(けいついしょう)、低血圧、貧血(ひんけつ)、更年期障害(こうねんきしょうがい)などでもよくみられます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android