コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠木正家 くすのき まさいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠木正家 くすのき-まさいえ

?-1348 南北朝時代の武将。
河内(かわち)(大阪府)の人。楠木正成(まさしげ)の弟ともいうがたしかではない。建武(けんむ)政権成立後,常陸(ひたち)(茨城県)瓜連(うりづら)城を拠点に佐竹義冬・貞義(さだよし)らをやぶり,東国における南朝勢力を確保。高師直(こうの-もろなお)の大軍と河内(かわち)四条畷(しじょうなわて)でたたかい,楠木正行(まさつら)とともに貞和4=正平(しょうへい)3年1月5日戦死した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楠木正家の関連キーワード那珂(市)南北朝時代小田治久那珂通辰

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android