コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠本正徹 くすもと まさゆき

1件 の用語解説(楠本正徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠本正徹 くすもと-まさゆき

1875-1897 明治時代の国家主義者。
明治8年生まれ。楠本端山(たんざん)・碩水(せきすい)の甥(おい)。杉浦重剛(じゅうごう)の称好塾にまなぶ。明治29年内田良平ウラジオストクにわたり,ロシアの極東情勢を調査。単身,間島(かんとう)にはいり,ロシア・清(しん)(中国)・朝鮮の国境地帯を日本人として初めて実地踏査した。明治30年2月2日死去。23歳。長崎県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楠本正徹の関連キーワードフィリピン革命ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩真壁騒動同治帝ミレーの家栄典

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone