コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠本正徹 くすもと まさゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠本正徹 くすもと-まさゆき

1875-1897 明治時代の国家主義者。
明治8年生まれ。楠本端山(たんざん)・碩水(せきすい)の甥(おい)。杉浦重剛(じゅうごう)の称好塾にまなぶ。明治29年内田良平とウラジオストクにわたり,ロシアの極東情勢を調査。単身,間島(かんとう)にはいり,ロシア・清(しん)(中国)・朝鮮の国境地帯を日本人として初めて実地踏査した。明治30年2月2日死去。23歳。長崎県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

楠本正徹の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android