コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業合大枝(読み)なりあい おおえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

業合大枝 なりあい-おおえ

1791-1851 江戸時代後期の国学者,歌人。
寛政3年8月25日生まれ。藤井高尚,のち平田篤胤(あつたね)にまなぶ。文化11年父の跡をついで備前(岡山県)北島明神(豊原北島神社)祠官となり,神職組頭兼大頭をつとめた。歌は「類題吉備国歌集」などにある。嘉永(かえい)4年8月25日死去。61歳。通称は右仲。号は松蔭屋。著作に「新学(にいまなび)異見弁」「古事記新釈」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

業合大枝 (なりあいおおえ)

生年月日:1792年8月25日
江戸時代末期の国学者
1851年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android