コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業合大枝 なりあい おおえ

1件 の用語解説(業合大枝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

業合大枝 なりあい-おおえ

1791-1851 江戸時代後期の国学者,歌人。
寛政3年8月25日生まれ。藤井高尚,のち平田篤胤(あつたね)にまなぶ。文化11年父の跡をついで備前(岡山県)北島明神(豊原北島神社)祠官となり,神職組頭兼大頭をつとめた。歌は「類題吉備国歌集」などにある。嘉永(かえい)4年8月25日死去。61歳。通称は右仲。号は松蔭屋。著作に「新学(にいまなび)異見弁」「古事記新釈」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

業合大枝の関連キーワード久松祐之戒言松岡帰厚国学者佐々木親覧三鍼那須高堅堀江宗彰真野可亭和田宗淳

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone