コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新学 シンガク

デジタル大辞泉の解説

しん‐がく【新学】

新しい学問。
学びはじめ。初学。
仏教を学びはじめること。また、その人。
「―の五百の御弟子等を語らひて」〈今昔・一・一〇〉

にいまなび〔にひまなび〕【新学】

江戸後期の歌論書。1巻。賀茂真淵(かものまぶち)著。明和2年(1765)成立、寛政12年(1800)刊。復古主義に立ち、万葉集を重視すべきことを説いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんがく【新学】

〘仏〙 新たに仏道を学ぶこと。また、その人。新発意しんぼち。 「 -の五百の御弟子等を/今昔 1

にいまなび【新学】

歌論書。一巻。賀茂真淵著。1765年成立。1800年刊。万葉集尊重の復古主義において「歌意考」に通ずるが、古語古調を古代精神にいたる階梯として明確に位置づけ、より古学を強調。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新学の関連キーワードBack to School新学習指導要領と新聞活用ゲマインシャフツシューレ音読暗唱ブックひまわりアボッツホルムの学校フラッグフットボール小学校での外国語活動秋田県立秋田高等学校上田西の甲子園出場山梨大生命環境学部アンリ ピレンヌ世に入れられる東京 ぼん太作新学院大学小学校の英語菊地 東陽セメスター小学校英語爾比末奈妣孔子改制考

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新学の関連情報