コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井高尚 ふじい たかなお

8件 の用語解説(藤井高尚の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤井高尚

江戸後期の国学者。備中吉備津宮の祠官。正五位下位長門守。松舎と号する。本居宣長の門。雅文を能くする。『伊勢物語新釈』『三つのしるべ』等の著がある。天保11年(1840)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじい‐たかなお〔ふぢゐたかなほ〕【藤井高尚】

[1764~1840]江戸後期の国学者・歌人・神官。備中の人。通称、忠之丞。号、松の屋・松斎。本居宣長の門下で、すぐれた文章家であった。著「三(みつ)のしるべ」「伊勢物語新釈」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井高尚 ふじい-たかなお

1764-1840 江戸時代後期の国学者。
明和元年生まれ。藤井高雅の養祖父。備中(びっちゅう)(岡山県)吉備津(きびつ)神社の祠官。寛政5年本居宣長(もとおり-のりなが)に入門し,師没後は鈴屋(すずのや)学派の中心として京都鐸舎(ぬでのや)などで講義した。天保(てんぽう)11年8月15日死去。77歳。通称は小膳。号は松斎,松屋(まつのや)。著作に「三のしるべ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井高尚

没年:天保11.8.15(1840.9.10)
生年:明和1(1764)
江戸中期から後期にかけての国学者。備中国(岡山県)吉備津神社社家頭高久と妻小春の子として生まれ,長じてその跡を継ぐ。幼名忠之丞,通称小膳,号松屋,松斎。少年時代は備中笠岡の小寺清先に国学を学び,京都の栂井一室に和歌を学んだ。30歳のころ本居宣長に入門し,『源氏物語』について手紙で質すなどして学んだ。時折上京して城戸千楯の開いた鐸屋に出講するなど,関西鈴門の中心的存在として活躍し,200~300におよぶ門人がいた。著書は多く,代表作に『消息文例』『伊勢物語新釈』『三のしるべ』『松の落葉』などがある。<参考文献>工藤進思郎『藤井高尚と松屋派』

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじいたかなお【藤井高尚】

1764‐1840(明和1‐天保11)
江戸後期の国学者。備中吉備津神社祠官。通称忠之丞,小膳。松屋(まつのや),松斎と号す。本居宣長有力門人の一人。歌文の学に長じ,中古ぶりの文章では彼の右に出る者がいなかったという。国学普及の志を立て,京都鐸舎(ぬでのや),大坂小柴屋などで教授。著書は刊行されたもの15部35巻におよぶが,そのうち随筆《松の落葉》,消息文《おくれし雁》《消息文例》,註釈《伊勢物語新釈》《大祓詞後々釈》や《松屋文集》などがよく知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじいたかなお【藤井高尚】

1764~1840) 江戸後期の国学者・歌人。備中の人。号、松の舎。本居宣長に師事。吉備津きびつ神社の宮司。著「三みつのしるべ」「松屋文集」「松の落葉」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤井高尚
ふじいたかなお

[生]明和1(1764).備中
[没]天保11(1840).8.15.
江戸時代後期の国学者。通称は忠之丞,小膳。松屋,松斎と号する。父は吉備津神社の祠官。初め笠岡の祠官小寺清先に学び,のち京都の栂井一室につき,最後に本居宣長に入門。歌文の学に詳しく,文章に秀でていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤井高尚
ふじいたかなお
(1764―1840)

江戸後期の国学者。備中(びっちゅう)国加陽郡宮内字三日市(岡山市北区)に住する。父は高久。通称忠之丞(ただのじょう)、名は高尚、家を松屋(まつのや)と号する。吉備津宮(きびつのみや)宮司となり、従(じゅ)五位下長門守(ながとのかみ)に任ぜられる。本居宣長(もとおりのりなが)に入門。著書『三(みつ)のしるべ』(1826刊)は古道論を説く上巻「道のしるべ」と、中巻「歌のしるべ」、下巻「ふみのしるべ」からなる。歌論では宣長の「物のあはれ」説を継承し、小沢蘆庵(ろあん)の「ただこと」論を非難している。ほかに『伊勢(いせ)物語新釈』(1813)、『松屋自選歌集』などがある。
 桃の花下てる道はくらからじ日はくれぬともあそびてゆかむ[辻森秀英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤井高尚の関連キーワード戒言名倉安興備中物天川襟白粉毛巻前太平記奴島田御所解模様白藤源太

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone