コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業平竹 ナリヒラダケ

デジタル大辞泉の解説

なりひら‐だけ【業平竹】

イネ科の植物。高さ約5メートル。茎は紅緑色になり、葉は枝先に4、5枚つく。観賞用として庭園に植える。名は、形がよいことを在原業平になぞらえたもの。大名竹(だいみょうちく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なりひらだけ【業平竹】

イネ科のタケササ類。西日本に自生するタケの一種で、庭園などに植えられる。高さ5~10メートル。枝は短く節に束生し、披針形の葉をつける。和名はその優美な姿を在原業平にたとえたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

業平竹 (ナリヒラダケ・ナリヒラタケ)

学名:Semiarundinaria fastuosa
植物。イネ科の竹,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

業平竹の関連キーワードタケ(竹)半井 桃水披針形西日本和名