業病(読み)ごうびょう

精選版 日本国語大辞典「業病」の解説

ごう‐びょう ゴフビャウ【業病】

〘名〙 前世の悪業の報いによって起こるとされる、なおりにくい病気。
※高野本平家(13C前)三「衆病をいやすと云共、豈先世の業病(ゴウビャウ)を治せんや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android