コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報い/酬い ムクイ

デジタル大辞泉の解説

むくい【報い/酬い】

ある行為の結果として身にはね返ってくる事柄。善悪いずれについてもいうが、現在では悪い行為の結果についていうことが多い。「悪行の―」
労苦に対するつぐない。報酬。
「何の―も望まないで」〈木下順二・夕鶴〉
前世の善悪の行為の結果が、現世で現れること。因縁によって果報を受けること。
仕返し。返報。
「海賊―せむといふなる事を思ふ上に」〈土佐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

報い/酬いの関連キーワード昔の因果は皿の端を回る今の因果は針の先を回る積善の家には必ず余慶あり積悪の家には必ず余殃あり信あれば徳あり獣食った報い悪業の猛火回る因果因果覿面自業自得因果人順現業恩盗人因果者順生業順後業三時業順罪業来報現果業報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android