コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極官 キョッカン

デジタル大辞泉の解説

きょっ‐かん〔キヨククワン〕【極官】

最高の官位。ごっかん。
官職世襲の時代に、その家として就くことのできた最高の官位。ごっかん。

ごっ‐かん〔ゴククワン〕【極官】

最高の官位。きょっかん。
その家柄でなりうる最高の官位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょっかん【極官】

〔「ごっかん」とも〕
この上もない高い官位。 「 -に至る」
官職世襲の時代に、その家柄としてなることができる最高の官位。

ごくかん【極官】

ごっかん【極官】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

極官の関連キーワード本朝皇胤紹運録大炊御門家藤原資平藤原道雅藤原高遠明法博士中院通勝巨勢徳太大江千里大伴吹負中山忠親中御門家淡海三船藤原継縄足利義勝足利義視足利義量日野資業藤原頼資北畠親房

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android