コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楼観 ロウカン

デジタル大辞泉の解説

ろう‐かん〔‐クワン〕【楼観】

物見のたかどの。物見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうかん【楼観】

物見の高殿たかどの。ものみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の楼観の言及

【楼閣】より

…たかどの。古代中国では本来,楼は2階建て以上の建物を指し,閣は四方を観望する見晴しの高層建物をいうが,また見晴し用の高い壇を指す台,台の上に亭(あずまや)を築いた榭(しや),あるいは見晴し用建築の観などと合わせて楼閣,楼台,楼榭,楼観などと連用してこの種の高層建物の類を総称する。木造の楼閣建築はおそくとも漢代には出現したが,現存する遺構では独楽寺観音閣(天津市薊(けい)県,遼の984年建立)が最古である。…

※「楼観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

楼観の関連キーワード魏志倭人伝(読み下し)吉野ヶ里遺跡邪馬台国の都神埼[町]仏教建築燕文貴卑弥呼総観想十六観展子虔道観楼閣周臣仇英物見