(読み)ロウ

デジタル大辞泉の解説

ろう【楼】

[名]
高く構えた建物。たかどの。
遠くを見るためにつくった高い建物。ものみやぐら。望楼。
「門上の―に、おぼつかない灯がともって」〈芥川・偸盗〉
遊女と遊興することのできる店。揚げ屋・遊女屋など。
「色専一に目的として、―に登る」〈逍遥当世書生気質
[接尾]高い建物、料理屋・旅館、また遊女屋などの名の下に付けて用いる。「観潮」「山水

ろう【楼〔樓〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ロウ(漢) [訓]たかどの
高層の建物。「楼閣楼上高楼鐘楼蜃気楼(しんきろう)白玉楼摩天楼
物見やぐら。「望楼
歓楽や飲食のための店。「楼主妓楼(ぎろう)酒楼登楼
[名のり]いえ・たか・つぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ろう【楼】

[1] 〘名〙
① 高く作った建物。二階建ての建物。高殿(たかどの)。高楼。楼閣。楼門。
※続日本紀‐宝亀八年(777)九月丙寅「起宅於楊梅宮南、東西構楼、高臨内裏」 〔王粲‐登楼賦〕
② 遠くを見るために城などに作る高い櫓(やぐら)。ものみやぐら。望楼。〔十巻本和名抄(934頃)〕 〔墨子‐備城門〕
③ 遊女と遊興することのできる店。青楼。上方では揚屋や茶屋をさし、江戸では岡場所などに対して、官許の吉原遊郭の遊女屋をいった。
※雑俳・咲やこの花(1692)「楼高くかぶろに腰をうたせけり」
[2] 〘接尾〙 高い建物、料亭・旅館、また、妓楼などの名の下に添えて用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【楼閣】より

…たかどの。古代中国では本来,楼は2階建て以上の建物を指し,閣は四方を観望する見晴しの高層建物をいうが,また見晴し用の高い壇を指す台,台の上に亭(あずまや)を築いた榭(しや),あるいは見晴し用建築の観などと合わせて楼閣,楼台,楼榭,楼観などと連用してこの種の高層建物の類を総称する。木造の楼閣建築はおそくとも漢代には出現したが,現存する遺構では独楽寺観音閣(天津市薊(けい)県,遼の984年建立)が最古である。…

※「楼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android