楽は苦の種苦は楽の種(読み)らくはくのたねくはらくのたね

精選版 日本国語大辞典「楽は苦の種苦は楽の種」の解説

らく【楽】 は 苦(く)の種(たね)(く)は楽(らく)の種(たね)

をすると、あとでを味わわなくてはならないし、苦を忍べばあとで楽ができる。今の苦労は、将来の楽につながるのだから耐え忍ばなければいけないということ。
※浮世草子・笑談医者気質(1774)五「楽(ラク)は苦(ク)(タネ)苦は楽の種、悪人程うるさき者はあらねど、善人を見出すの種なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「楽は苦の種苦は楽の種」の解説

らくたねらくたね

楽は苦を、苦は楽を生むもとになる。今の苦労は将来の楽につながるから耐え忍ばなければいけないということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android