コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽了入 らく りょうにゅう

2件 の用語解説(楽了入の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

楽了入

江戸時代後期の茶碗師。千家十職。楽家九代。八代得入の弟。幼名は惣次郎、のち吉左衛門、諱は喜小豈、了入は号。楽家中興の名工と称せられた。天保5年(1834)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楽了入 らく-りょうにゅう

1756-1834 江戸時代中期-後期の陶工。
宝暦6年生まれ。楽長入(ちょうにゅう)の次男。楽得入(とくにゅう)の弟。明和7年京都の楽家9代をつぎ,六十余年にわたり製作にあたる。天明8年の大火により長次郎以来の陶土や印をすべて焼失。寛政3年楽家の系図「聚楽焼的伝(じゅらくやきてきでん)」を作成した。天保(てんぽう)5年9月17日死去。79歳。本姓は田中。名は喜全(よしもち)。通称は吉左衛門。別号に秀人,雪馬。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

楽了入の関連キーワード羅城石田友汀大森礼三菊堂木村又八三鍼樗雲滕元鳳原田君煕吉田子方