コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽了入 らく りょうにゅう

2件 の用語解説(楽了入の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

楽了入

江戸時代後期の茶碗師。千家十職。楽家九代。八代得入の弟。幼名は惣次郎、のち吉左衛門、諱は喜小豈、了入は号。楽家中興の名工と称せられた。天保5年(1834)歿、79才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楽了入 らく-りょうにゅう

1756-1834 江戸時代中期-後期の陶工。
宝暦6年生まれ。楽長入(ちょうにゅう)の次男。楽得入(とくにゅう)の弟。明和7年京都の楽家9代をつぎ,六十余年にわたり製作にあたる。天明8年の大火により長次郎以来の陶土や印をすべて焼失。寛政3年楽家の系図「聚楽焼的伝(じゅらくやきてきでん)」を作成した。天保(てんぽう)5年9月17日死去。79歳。本姓は田中。名は喜全(よしもち)。通称は吉左衛門。別号に秀人,雪馬。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone