楽天観(読み)ラクテンカン

精選版 日本国語大辞典の解説

らくてん‐かん ‥クヮン【楽天観】

〘名〙
① 人生の暗い面を認めはするが、結局この世はすべて善であり、人生は楽しいものであるとする考え方。また、そのような人生観に基づく哲学上の立場。楽天主義。オプチミズム。⇔厭世観
※藤棚(1912)〈森鴎外〉「無制限の自由で人生の諧調が成り立つと思ってゐる人達は〈略〉余り楽天観(ラクテンクヮン)に過ぎてゐるのではあるまいか」
② 物事にくよくよしないで、楽天的に考える精神の傾向。⇔厭世観
※伊沢蘭軒(1916‐17)〈森鴎外〉一〇三「わたくしは此の如き楽天観(ラクテンクヮン)に住して、甘んじて点簿の労に服する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android