厭世観(読み)えんせいかん(英語表記)pessimism

翻訳|pessimism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厭世観
えんせいかん
pessimism

厭世主義,ペシミズムともいう。ラテン語の pessimus (最悪の意) に由来する。人生あるいは社会は善よりも悪が多く,不幸に満ちているとする態度,世界をいい,楽天主義 optimismに対するもの。古代ではヘラクレイトスソフィストディオゲネスなどにその萌芽がみられる。近代ではショーペンハウアーの思想がその典型。現代では実存哲学の一傾向にも,変形された厭世主義が指摘できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんせい‐かん〔‐クワン〕【×厭世観】

この世の中では幸福や満足を得られず、積極的な価値は認めがたいとする人生観。また、そのような人生観に基づく哲学上の立場。厭世主義。ペシミズム。⇔楽天観
物事の成り行きを悪い方向にばかり考えやすい傾向。悲観主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんせいかん【厭世観】

物事を悪い方にばかり考え、悲観していく考え方やものの見方。悲観主義。ペシミズム。 ⇔ 楽天観

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えんせい‐かん ‥クヮン【厭世観】

〘名〙 (pessimism の訳語)
① この世界は悪と苦痛とが優勢を占めているとして、結局、人生は生きるに値しないものだという絶望的な考え方。また、そのような人生観に基づく哲学上の立場。厭世主義。ペシミズム。⇔楽天観
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉新詩人「詩人や哲学者の厭世観は勿論空言である」
② 物事の悪い方面ばかりを見、また、物事を悪い方向へばかり考えようとする精神の傾向。悲観主義。⇔楽天観
[語誌]「哲学字彙(初版)」(一八八一)では「厭世教」と訳しており、「厭世観」が定着したのは明治三〇年(一八九七)前後か。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android