コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厭世観 えんせいかんpessimism

翻訳|pessimism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厭世観
えんせいかん
pessimism

厭世主義,ペシミズムともいう。ラテン語の pessimus (最悪の意) に由来する。人生あるいは社会は善よりも悪が多く,不幸に満ちているとする態度,世界をいい,楽天主義 optimismに対するもの。古代ではヘラクレイトスソフィストディオゲネスなどにその萌芽がみられる。近代ではショーペンハウアーの思想がその典型。現代では実存哲学の一傾向にも,変形された厭世主義が指摘できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんせい‐かん〔‐クワン〕【×厭世観】

この世の中では幸福や満足を得られず、積極的な価値は認めがたいとする人生観。また、そのような人生観に基づく哲学上の立場。厭世主義。ペシミズム。⇔楽天観
物事の成り行きを悪い方向にばかり考えやすい傾向。悲観主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんせいかん【厭世観】

物事を悪い方にばかり考え、悲観していく考え方やものの見方。悲観主義。ペシミズム。 ⇔ 楽天観

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

厭世観の関連キーワードP. ラファルグオプティミズムモーパッサン古田大次郎ラファルグ古山高麗雄ソログーブセモニデス北村透谷さかしまパッソスマクベス岩崎 勉人生観厭世家苔の衣浮世

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android