楽観(読み)ラッカン

デジタル大辞泉の解説

らっ‐かん〔ラククワン〕【楽観】

[名](スル)
物事の先行きをよいほうに考えて心配しないこと。心配するほどの事態でもないとして気楽に考えること。「病状は楽観を許さない」「状況を楽観する」「楽観視」⇔悲観
すべての可能性を信じ、世の中や人生をよいものと考えること。「楽観論」⇔悲観

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らっかん【楽観】

( 名 ) スル
物事をすべてよいように考えること。将来の成り行きについて明るい見通しをもつこと。 ⇔ 悲観 「事態を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

らっ‐かん ラククヮン【楽観】

〘名〙
① 楽しみ見ること。〔漢書‐貨殖伝・白圭〕
② すべて物事の成り行きを、よい方に考えて心配しないこと。容易・有望であると決めてかかっていること。
※緑蔭茗話(1890‐91)〈内田魯庵〉「苦観する者は概して人間の理想を高め、楽観(ラククヮン)する者は時として堕落する事多し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楽観の関連情報