コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


がく

日本音楽の用語および曲名。 (1) 音楽の略語。 (2) 雅楽語。 (3) 能の囃子事 (器楽的演奏) の曲名。舞楽を擬した舞。黄鐘楽 (おうしきがく) と盤渉楽 (ばんしきがく) とがあり,単に楽といえば前者をいう。 (4) 能・狂言囃子事。能の黄鐘楽を簡略化したもの。 (5) 歌舞伎囃子の曲名。能の囃子の「楽」を模したもの。長唄曲の出囃子などに用いられる。また,陰囃子の「音楽」の略称。 (6) 三味線音楽の旋律名称。雅楽風の感じを出す旋律。歌舞伎下座音楽としては「楽の合方」または「今様楽の合方」「小町合方」などともいい,「音楽」または「管弦 (かげん) 」「奏楽」などの陰囃子を伴う。長唄曲の同様の旋律による間奏部分名称にも用いる。 (7) 山田流箏曲の旋律。雅楽の箏の奏法に近い奏法で,雅楽的な気分を表現する特有な旋律。本手と楽の手との合奏となる。 (8) 民俗芸能では,太鼓または太鼓を打つことを中心とした芸能すなわち「楽打ち」のこと。田楽の略語にも用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がく【楽】

楽器を用いた快い音曲。音楽。「妙(たえ)なるの音(ね)」
特に、雅楽
舞事(まいごと)の一。舞楽の感じを表す、ゆったりとした異国風の舞。唐人仙人などが舞う。また、笛を主にしたその囃子(はやし)。
狂言舞事の一。3をまねたもの。
歌舞伎下座音楽の一。太鼓を主に、大鼓小鼓能管、あるいは大太鼓と鈴を配し、ふつう三味線を伴う。王朝物の御殿の場や、神仏出現の場などに用いる。
民俗芸能の一。太鼓踊りの一種で、大分・福岡・山口の各県に分布。楽打ち。

がく【楽〔樂〕】[漢字項目]

[音]ガク(呉)(漢) ラク(呉)(漢) [訓]たのしい たのしむ
学習漢字]2年
〈ガク〉音を組み立てた調べ。音楽。「楽器楽章楽団楽譜楽屋雅楽器楽声楽奏楽能楽舞楽邦楽洋楽室内楽
〈ラク〉
たのしむ。たのしい。「楽園安楽逸楽快楽享楽苦楽娯楽行楽後楽極楽道楽
たやすい。「楽観楽勝楽楽気楽
「千秋楽」の略。「楽日(らくび)
[名のり]ささ・もと・よし
[難読]神楽(かぐら)楽府(がふ)独楽(こま)催馬楽(さいばら)・楽車(だんじり)・伯楽(ばくろう)貝独楽(ばいごま)

らく【楽】

[名・形動]
心身に苦痛などがなく、快く安らかなこと。また、そのさま。「気が―になる」「―な姿勢」「どうぞお―に」
生計が豊かなこと。また、そのさま。「不動産収入で―な暮らしをする」
たやすいこと。簡単なこと。また、そのさま。「―な計算問題」「―に勝てる相手」
[名]
千秋楽(せんしゅうらく)」の略。「今日で―を迎える」
楽焼き」の略。
[アクセント]はラク。

らく【楽】[漢字項目]

がく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がく【楽】

中国古代に礼と並んで重要視された概念で,人心を感化するはたらきをもつとされた。やがて今日の音楽に近い意味で用いられた。日本では,外来の音楽,あるいは雅楽の意味で用いられた。能・狂言の囃子事や歌舞伎の下座(げざ)音楽で用いられる場合は,下記のように唐楽を模した音楽を意味する。 (1)能の囃子事。唐人(《邯鄲》《唐船》)や異相老体の神(《源太夫》《白髭》),童体天仙(《一角仙人》《枕慈童》)などが,雅楽の舞楽を模して舞う舞事

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がく【楽】

音楽。 「 -の音
雅楽。
舞楽に擬した能の舞。唐団扇とううちわの類を持った神・仙人・唐人などが舞う異国風の舞。「菊慈童」「邯鄲かんたん」「富士太鼓」などにある。
狂言の囃子事はやしごとの一。唐人の舞で、能の楽を崩したもの。
下座音楽の一。宮殿の場面や高貴な人物・神仏の出現などに奏する。
民俗芸能で、太鼓を打つ芸を主体とした芸能の称。宮崎の臼太鼓踊りなど。

らく【楽】

[2] ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
身も心もやすらかな・こと(さま)。安楽。 「 -隠居」
ゆっくりくつろぐこと。身も心もゆったりしていること。また、そのさま。 「気が-になる」 「 -な気持ちで試験を受ける」 〔「どうぞお楽に(なさってください)」などの形で、緊張している相手に対する配慮を表したり、「姿勢(正座)をくずして下さい」という意で用いたりすることもある〕
経済的にゆたかな・こと(さま)。 「 -な暮らし」
簡単でやさしいこと。苦労しないこと。また、そのさま。 「旅行が-になりました」 「この程度の問題なら-なものさ」 〔「楽に」の形で副詞的にも用いる。「夏なら-に登れる」〕
[1] ( 名 )
〔「千秋楽」の略〕 興行の終わり。転じて、物事の終わり。 「大相撲もいよいよ-を迎えた」 「先生、もう鬼ごつこも-にしやせう/当世書生気質 逍遥
「楽焼らくやき」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【宗教音楽】より

…諸宗教における典礼音楽ばかりでなく,広くは宗教的な色合いをもつ音楽をも包含する概念。今日の未開民族における宗教と音楽との混然たる状態は,遠い昔における人類の宗教と音楽との未分化の姿を示していると考えられる。…

【舞事】より

囃子と所作からなる囃子事小段(しようだん)のうち,演者(立役(たちやく)・立方(たちかた))が舞台上で演ずる所作が,抽象的な形式舞踊であるものを舞事という。能の舞事には,笛(能管)・小鼓・大鼓で奏する〈大小物(だいしようもの)〉と太鼓の入る〈太鼓物〉とがあるが,その両者を含めて,笛の基本の楽句である(じ)の種類によって分類されることが多い。すなわち,呂中干(りよちゆうかん)の地といわれる共用の地を用いる〈序ノ舞〉〈真(しん)ノ序ノ舞〉〈中ノ舞(ちゆうのまい)〉〈早舞(はやまい)〉〈男舞(おとこまい)〉〈神舞(かみまい)〉〈急ノ舞〉〈破ノ舞(はのまい)〉などと,それぞれが固有の地を用いる〈楽(がく)〉〈神楽(かぐら)〉〈羯鼓(かつこ)〉〈鷺乱(さぎみだれ)(《鷺》)〉〈猩々乱(《猩々》)〉〈獅子(《石橋(しやつきよう)》)〉〈乱拍子(《道成寺》)〉などの2種がある。…

【礼】より

…朱熹(子)は〈天理の節文,人事の儀則(ぎそく)〉(《論語集注(しつちゆう)》学而(がくじ)篇など)と定義し,礼を人間の先天的な道徳性(天理)の表現としてとらえて,内と外の乖離(かいり)を止揚しようとした。 〈礼楽〉と並称される〈楽(がく)〉は,広く礼のなかに包摂されるが,分けて言った場合,〈楽は同をなし礼は異をなす〉〈楽は天地の和,礼は天地の序〉(《礼記》楽記篇)などとあるように,世界を分節して秩序づける礼に対し,楽はその厳格なコスモスの一時的な解体――カオス化をめざしている。 礼は〈礼治〉という語があるように,それ自体ひとつの政治思想でもあった。…

※「楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楽の関連キーワード楽は苦の種苦は楽の種ネーデルラント楽派東儀 信太郎講談社[株]長兵衛(1)キリンビール岸本 芳武右方高麗楽秋山 左楽秋山 右楽臼太鼓踊り歌箏・歌筝アクセント膝を崩す日本音楽左方の楽多 忠朝多 久尚右方の楽喜春楽

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楽の関連情報