コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊原忠義 さかきばら ただよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊原忠義 さかきばら-ただよし

?-1865 江戸時代後期の武士。
榊原忠之(ただゆき)の子。天保(てんぽう)14年勘定奉行となり,印旛沼古堀普請御用をかねた。天保の改革を主導した水野忠邦の失脚のあと印旛沼の掘割開削工事をひきついだが,翌年職をとかれ工事は中止となった。のち寄合をへて新潟奉行。慶応元年7月20日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

榊原忠義の関連キーワード榊原忠之

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android