コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟奉行 にいがたぶぎょう

4件 の用語解説(新潟奉行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潟奉行
にいがたぶぎょう

江戸時代末期の幕府職制の一つ。天保 14 (1843) 年6月長岡藩領の新潟が上知され天領に編入されて創設された。遠国奉行の一つで,老中の下にあった。新潟の行政,司法,出入りの船舶などのことを管轄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

新潟奉行【にいがたぶぎょう】

江戸幕府の遠国奉行の一。越後長岡藩領であった新潟町で1835年・1840年に唐物(からもの)抜荷事件が発覚。これを機に,また天保改革の一環として1843年新潟町は幕府領に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にいがたぶぎょう【新潟奉行】

江戸幕府が1843年(天保14)6月,新潟に置いた遠国(おんごく)奉行。新潟町の行政と司法とを統括した。役高1000石,役料1000俵で,席順は佐渡奉行の次である。幕府は天保改革の一環として,43年長岡藩に新潟の上知を命じ,直轄領とした。その目的は,日本海の要港としての新潟の防備の充実,横行していた唐物抜荷の取締り,同港の運上の幕府財政への組入れ,などであった。52年(嘉永5)まで10年間在職し,統治の機構などを整備した初代奉行川村修就(ながたか)が有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新潟奉行
にいがたぶぎょう

江戸幕府の職名。遠国(おんごく)奉行の一つ。1843年(天保14)6月11日長岡藩領新潟町を上知(あげち)して創設された。新潟上知の背景には、抜荷(ぬけに)事件(1835年11月)対策や、天保(てんぽう)の改革の上知令がある。初代奉行は勘定吟味役(かんじょうぎんみやく)川村修就(ながたか)(1852年まで)で、高1000石、役料1000俵、佐渡奉行の次席であった。役所は長岡藩町奉行所を継承改築し、組頭以下足軽(あしがる)まで含め130人の配下がいた。外国船の応接や海防の充実を重要な任務とし、1867年(慶応3)対岸の沼垂(ぬったり)町も管轄することになったが、幕府が倒れ未実施。[真水 淳]
『新潟市郷土資料館編・刊『川村修就文書』全15巻(1978~92)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone