コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造学 こうぞうがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造学
こうぞうがく

建築学の各材料による構造に対する知識の集大成である建築構造学,および建築物,橋梁,船舶,航空機などの構造物一般の応力変形を研究する構造力学,単一の素材に生じる応力や変形を研究する材料力学に分れる。古代にも建築物についてすぐれた構造学があったが,それらは主として経験的な知識の集大成であった。ルネサンス以降,G.ガリレイの材料実験にみられるように,材料の力学的性質が数学的に明らかにされ,数学と物理学の発展に伴い,19世紀以降になると,構造物の強さをあらかじめ数学的に検証する方法が発達し,各種の設計法が確立され,20世紀にはそれぞれの分野で体系化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

構造学の関連キーワードオルガ ベルルッティH. ワーグナーネオテクトニクスプレビッシュジオグノシー霞ヶ関ビル柴田 畦作佐野 利器内藤 多仲生物物理学坪井 善勝内田 祥三後藤慶二佐野利器温 家宝内藤多仲棚橋 諒坪井善勝内田祥三文化勲章

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

構造学の関連情報