コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造計算書 コウゾウケイサンショ

デジタル大辞泉の解説

こうぞうけいさん‐しょ〔コウザウケイサン‐〕【構造計算書】

一級建築士が設計する建物について、固定荷重(建物の自重)、積載荷重外力によって生じる応力、地震・台風・積雪などの荷重に耐えるのに必要な鉄筋鉄骨の量などを基準に従って計算した書類。建物の建築確認申請の際に添付する義務がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

構造計算書の関連情報