コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造調整ファシリティ こうぞうちょうせいファシリティStructural Adjustment Facility; SAF

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造調整ファシリティ
こうぞうちょうせいファシリティ
Structural Adjustment Facility; SAF

1986年3月に IMFが創設した低所得発展途上国に対する金融支援制度。構造調整政策を実施している途上国の国際収支を支援するため,期間 10年,年利 0.5%という緩い条件で融資を行なう。 87年6月にはその資金規模を3倍にする提案が行なわれ,同 12月に拡大 SAFが設立された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

構造調整ファシリティの関連キーワードSDRIMF融資制度SDR構造調整政策アジア通貨基金AMFブレトン・ウッズ体制ブレトンウッズ会議IMF融資ウォン

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone