コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

様式雷 ようしきらいYàng shì Léi

世界大百科事典 第2版の解説

ようしきらい【様式雷 Yàng shì Léi】

中国の清朝の宮殿や苑囿(えんゆう)の造営を担当した宮廷建築設計部局〈様房〉で,祖孫7代,200年あまりにわたって雷家が主持したところから,様式雷または様房雷と呼ばれる。始祖は明代初期,江西工匠と伝えられ,清の康熙年間(1662‐1722)に雷発達が北京紫禁城宮殿建築の責任者となって以来,歴代雷家が円明園頤和園(いわえん),玉泉山,三海,承徳避暑山荘などの設計を担った。当時設計に用いられた図様(図面),燙様(とうよう)(模型)の一部が現存する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android