コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円明園 えんめいえん Yuan-ming-yuan; Yüan-ming-yüan

6件 の用語解説(円明園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円明園
えんめいえん
Yuan-ming-yuan; Yüan-ming-yüan

中国,清代の離宮。北京の北西郊外の海淀にあった。康煕 48 (1709) 年雍親王 (のちの雍正帝 ) が初めて造り,次の乾隆帝が改修のうえ,さらに長春園,綺春園 (のちの万春園) を加えた。一般にこの3園を一括して円明園と称する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんめい‐えん〔ヱンメイヱン〕【円明園】

中国、北京の北西郊にあった清朝の離宮。1709年、雍正帝(ようせいてい)康熙帝(こうきてい)より譲り受けたものを、乾隆帝(けんりゅうてい)が増改修した。バロック風建物と優美な庭園があったが、1860年のアロー戦争の際に英・仏軍が破壊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

円明園【えんめいえん】

中国北京市北西にあった清朝の離宮,庭園。円明・長春・万春3園の総称。面積は約3.5平方キロm。康熙帝が1709年(康熙48)に雍正帝に下賜した庭園に始まり,25年(雍正3)以降,建築群が増築され,庭園も拡張された。
→関連項目万寿山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えんめいえん【円明園 Yuán míng yuán】

中国,北京市北西郊海淀付近にあった清朝の離宮,庭園で,円明・長春・万春3園の総称。万寿山,頤和(いわ)園,玉泉山,香山,暢春園とともに三山五園と称され,その最大規模を誇り,面積は約3.5km2。康熙帝が1709年(康熙48)に皇子胤禎(のちの雍正帝)に下賜した庭園に始まり,25年(雍正3)以降,宮廷の外朝,内寝に相当する建築群が増築され,庭園も拡張された。乾隆帝も庭園の増築をつづけ,51年(乾隆16)円明園の東に接して長春園,72年南東に接して綺春園(のち万春園と改称)がそれぞれ加えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんめいえん【円明園】

中国清代、北京の北西にあった離宮。バロック様式の宮殿で、付属する長春園・綺春園を合わせて広大な敷地を占めた。1860年、アロー戦争の際に英仏軍に破壊された。ユワンミン-ユワン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円明園
えんめいえん

中国、北京(ペキン)北西郊外にあった清(しん)代離宮の名園。北京北西郊外は山水の景勝の地として知られ、清の康煕(こうき)、乾隆(けんりゅう)ごろ離宮が次々に営まれたが、円明園もその一つで、雍世(ようせい)帝によって1725年に着工、なかでもベルサイユ宮殿に比すべき豪華なバロック式の洋風建築は、中国建築史上画期的なことであった。のち、その東に長春園、南東に綺春園(きしゅんえん)(のち万寿園と改称)がつくられ、これらを一括して三園あるいは円明園とよぶことが多い。これらは、江南の風光を再現した大小無数の池が園内の大部分を占め、清朝宮廷の豪奢(ごうしゃ)の限りを尽くしたものであったが、1860年第二次アヘン戦争の際、英仏軍により徹底的に破壊され廃墟(はいきょ)と化した。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の円明園の言及

【苑囿】より

…この種の苑囿としては,秦始皇帝が咸陽に造営した離宮にすでに人工的な築山をもった造園の例があり,前漢武帝の上林苑や太液池,隋煬帝(ようだい)の西苑,唐の長安にあった曲江,北宋の汴梁(べんりよう)(河南省開封)にあった金明池,元の大都の太液池などが歴史上著名。現存するものとしては,元の大都の太液池をうけついだ明・清時代の北京の西苑(三海)や清朝の北京北西郊に設けられた頤和(いわ)園,円明園などの三山五園,同じく河北省承徳(旧,熱河)の避暑山荘などがあり,いずれも広大な領域を占め,大規模な人工的造園や豪華な建築装飾を特色としている。【田中 淡】。…

【北京】より

…清代の北京にとって特記すべきは,皇城内の三海(北・中・南海)のほか,郊外に皇帝のための離宮や庭園がいくつも作られたことである。西山一帯は山水に恵まれ,遼・金時代からすでに離宮が存在したが,清では康熙帝のとき暢春(ちようしゆん)園,乾隆帝のとき円明・万春・長春の三園(併せて円明園と総称される),玉泉山静明園,香山静宜園,万寿山清漪(せいい)園の三山が作られた。なかでも円明園はもっとも広大壮麗で世界にその名を知られたが,1860年(咸豊10)英仏連合軍のために徹底的な破壊をこうむった。…

※「円明園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

円明園の関連キーワード紫禁城通州北京動物園西郊関の清水太液円明園遺跡吉野朝清陵明-清朝の皇帝陵墓群

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

円明園の関連情報