コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準労働者賃金 ひょうじゅんろうどうしゃちんぎん

1件 の用語解説(標準労働者賃金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんろうどうしゃちんぎん【標準労働者賃金】

第2次大戦後,日本の賃金交渉の特徴は,一つには企業別交渉が中心であること,二つには交渉が当該企業従業員の平均賃金引上げをめぐる,いわゆるベースアップ方式であることにある。このベースアップ方式には,それが特定企業の労務費増額交渉にとどまり配分それ自体を交渉するものではないこと,また特定企業の支払能力に規制されやすく企業横断的な賃率形成を阻害する傾向にあることなどの問題がある。これらの難点を克服するため,ベースアップ方式と並んで,あるいは単独で個別賃金要求方式を労働組合がとる場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone