コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準労働者賃金 ひょうじゅんろうどうしゃちんぎん

1件 の用語解説(標準労働者賃金の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんろうどうしゃちんぎん【標準労働者賃金】

第2次大戦後,日本の賃金交渉の特徴は,一つには企業別交渉が中心であること,二つには交渉が当該企業従業員の平均賃金引上げをめぐる,いわゆるベースアップ方式であることにある。このベースアップ方式には,それが特定企業の労務費増額交渉にとどまり配分それ自体を交渉するものではないこと,また特定企業の支払能力に規制されやすく企業横断的な賃率形成を阻害する傾向にあることなどの問題がある。これらの難点を克服するため,ベースアップ方式と並んで,あるいは単独で個別賃金要求方式を労働組合がとる場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

標準労働者賃金の関連キーワード現代賃金指数賃金体系戦後派アプレゲール戦後テニアン島BIS(Bank for International Settlements)賃金交渉年間賃金協定

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone