コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均賃金 へいきんちんぎん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

平均賃金

平均賃金とは、労災休業給付解雇手当などを計算する際に、算定基準として用いる賃金額をいう。労働基準法第12条では「平均賃金を算定すべき事由の発生した日以前3カ月間(算定期間)にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額」と規定されている。 月給制の場合は直前の給与計算期間の3カ月分の賃金を、その期間の休日を含む暦上の日数で割って計算する。ただし、産前産後や育児などの休業期間は除外して計算する。対象となる賃金には、基本給だけでなく住宅手当通勤手当などのすべてを含むが、3カ月を超える期間で算定されるコミッション賞与、臨時で支払われる慶弔見舞金、退職金などは含まない。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へいきん‐ちんぎん【平均賃金】

産業別・年齢別・男女別などによって算出された賃金の平均値。
ある労働者に対して過去3か月間に支払われた賃金総額をその期間の総日数で除した金額。労働基準法に定める解雇手当・休業手当災害補償などの算定基準になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

平均賃金【へいきんちんぎん】

(1)賃金支払総額を労働者総数で除した平均労務費。ベース賃金とも。(2)解雇予告手当休業手当などの基準とされる賃金。過去3ヵ月間に当該労働者に支払われた賃金総額をその期間の総日数で除した金額を原則とする(労働基準法12条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいきんちんぎん【平均賃金】

労働基準法において,平均賃金とは原則としてこれを算定すべき事由の発生した日以前3ヵ月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を,その期間の総日数で除した金額のことである(12条)。労働基準法は,労働者が実際に労働をしなくても,一定の金額を支給してその生活を保障する規定を設けている。たとえば,解雇予告手当(20条),休業手当(26条),有給休暇中の手当(39条4項),災害補償(76,77,79~82条),就業規則による減給の制限額(91条)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

へいきんちんぎん【平均賃金】

産業・年齢・性別などの別により算出された賃金の平均値。
一定期間内に支払われた賃金の平均値。通常、過去三か月の賃金総額をその期間の総日数で割った金額。労働基準法に定める解雇予告手当・災害補償などの算定基準となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

平均賃金の関連キーワード恐慌(crisis ; panic)打ち切り補償・打切り補償労災補償の障害等級標準労働者賃金ベース・アップベースアップ遺族補償給付解雇予告義務賃金鉄則説生産性年金所得代替率賃金ベースコーホート一時解雇制休職・休業賃金カット遺族補償賃金鉄則加重平均標本調査

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平均賃金の関連情報