模式地(読み)もしきち(英語表記)type locality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

模式地
もしきち
type locality

固有の名称で呼ばれる地層が特徴的に分布する地域。地は岩石の種類や性質,含まれる化石などによっていくつかの部分に分けられ,それぞれが固有の名前で呼ばれる。普通,それぞれの地層の標準となる露頭がみられる特定の地域を模式地として指定する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

模式地の関連情報